大東流合気柔術光道 本部





            



最新ニュース

(2019年1月14日更新)


●2019年2月 月間スケジュール公開しました。確認は、こちらから
 

 2017年5月
 著書: 合気の極み(錦戸無光師範)
      BABジャパンより発売されました。

 2018年9月
 DVD: 合気体を作る(壱風館館長 松村浩道師範指導、監修)
      BABジャパンより発売されています

 

■1月一般講習会の開催案内を行っています
 (日時)   2019年1月20日(日) PM1時より4時まで
 (場所)   一陽学舎幸武館道場  福岡県筑紫野市若江59-1
 (参加費) ¥10,000
        ご参加希望のかたは、事務局までご連絡下さい。
        (他武道修行中および未経験のかたも安心してご参加
         いただけます。)



     稽古風景(錦戸師範と古賀)













        一般講習会の写真





























































■ 師範講習会開催


 (日時) 2019年 4月20日(土),21日(日) 10時~17時
 (場所) 一陽学舎幸武館道場 福岡県筑紫野市若江59-1
  


■ 直轄柳井稽古会、山口支部合同 一般講習会開催

 
 (日時) 2019年2月3日(日) 13時~17時
              4日(月)  10時~12時

 (場所) 防府市スポーツセンター(ソルトアリーナ防府)武道館
       山口県防府市浜方174-1

 


光道では基本稽古より筋肉体を気の体に変える稽古をおこなっています。
たんに筋肉を緩めて使わなくするのではなく、光道に受け継がれた
独自の方法で気を体験し、気の体を造り上げてゆく稽古を行います。
入会・入門をお待ちしています。

   
                                           

 光道の心 
 正しく明るく澄み切った心
 基本稽古で心を使い心眼を開く事を指導しています。
 基本技の稽古で気の体をつくり、さらに強靱な合気体をつくります


 
 人の体は本来「気の体」なのであり、この体の気を合して
 使うのが合気なのである。(錦戸師範談)


 合気の稽古は、まず気の体をつくる事。
 その為に気の体になる筋力をつかわない基本の稽古から始める。
 これは合気の基本技の稽古を通してつかむことができ、全身が
 気の体になった人に合気を教える。
 合気の稽古を練磨すると、気が益々身について強靭な合気体になる。
 こうして病弱な体力のない人でも強靭な 体になる。
 合気の技は、相手の力をすべて奪い取ってしまうのである。
 相手の力を利用するのではなく合気で奪い取るのである。
 合気が身についたら相手の力を奪い取ることができるのである。
 堀川先生が合気が身についたら恐ろしいと言った意味がこれである。
 合気修得のために二つの目を使う稽古を指導する。
 一つの目は肉眼である。これは見える世界を見る眼である。
 一つの目は心眼である。これは見えない世界を観る目のことである。
 この心眼で観る稽古をすることによって見えないもの(気、合気)が
 観えるようにようになる。
 これを最初から指導する


                                         

 
   
inserted by FC2 system